大田区で祖母の火葬をしました

親しい親族のみ家族葬で故人を見送る

心臓発作で大好きな祖母と永遠の別れ親しい親族のみ家族葬で故人を見送る火葬の時、祖母と過ごした日々が思い出した

大きな斎場ではありませんでしたが、掃除も行き届いていてこぎれいな感じでもありました。
祭壇もありきたりなものではなくてデザインされたお花が添えられており、おしゃれだった祖母にはぴったりなものでした。
祖母は高齢だったこともあり、近所で仲が良かった友人たちもすでに天国に行っていたので、参列できる人が少なかったからです。
祖母の親戚や兄弟、我が家の家族など本当に親しい親族のみで行いました。
家族葬の良い点は、他人に気を遣うことなくゆっくりと故人を見送ることができることでしょう。
祖母は、すでに亡くなっていたので看病の期間はなかったのですが、通常は病気で亡くなってしまう場合には、長い間病院で看病されている方も多くいるでしょう。
本人以上に、看病している家族も精神的、肉体的に限界が来ているのに、通夜や葬儀で参列者に気を遣わなければいけないという状態はつらいものでしたありません。
自分たちのペースで進めていくことも可能ですし、食事に関しても好きな飲食店で食べることができました。
祖母の思い出話なども参列者同士で夜通し話すこともできたのです。
通夜のあとで大田区にて火葬もしました。
火葬の時には、さすがに分かれることがつらくて涙が止まりませんでした。

葬儀の簡単手引き大田区の葬儀場・火葬場