大田区で祖母の火葬をしました

心臓発作で大好きな祖母と永遠の別れ

亡くなった祖母は私にとって母親代わりのような存在でした。
私の両親は共働きだったので、食事や生活のお世話は祖母がかわりにしてくれていたのです。
厳しかった両親とは違って、いつも祖母は私に優しく接してくれました。
そんな祖母が私は大好きだったのです。
毎年、誕生日には、祖母が大好きな近所の和菓子屋さんのお饅頭をプレゼントしていました。
いつも笑顔で「ありがとうね」と受け取ってくれたのを思い出します。
近所の畑でキュウリやキャベツなど様々な野菜を作って、食卓にいつも並べてくれました。
ヘルシーで栄養バランスの取れた食事のおかげで私も大きな病気をすることなく健康に育つことができたのでしょう。
祖母の死因の原因は心臓発作でした。
死亡時間はいつだったかわかりませんが、連絡が取れないことを心配した母が見に行くとすでに亡くなっていたそうです。
年を重ねても、朝から晩まで休むことなく畑仕事や趣味、家事などを一生懸命行っていましたし、日課である散歩も欠かす事はありませんでした。
最後まで自分らしく生きることができてよかったと思います。
大田区で行われた葬儀は家族葬でした。
母が仲の良い友人に聞いて、評判の良かった葬儀会社を選びました。
小さいながらもアットホームで気配りができる葬儀屋さんです。

心臓発作で大好きな祖母と永遠の別れ親しい親族のみ家族葬で故人を見送る火葬の時、祖母と過ごした日々が思い出した